デジタル化は従来の電話を時代遅れにしましたか?

ウェブが人間の協力と通信においてこの変化をもたらすと予想した人は比較的少なく、それが実現する前は、手首でのビデオ会議はあまりにも未来的で最先端のものとして好まれていたようです。現在、それは重要ではなく、人々のグループの頭は、それほど多くの疑いや不確実性なしに、これらの新しい革新の考えられる結果に門戸を開いていると言えます。あっという間に言えば、SFと科学の現実の境​​界線は毎日曖昧になっています。現在、基本的なメッセージテキストメッセージ、画像ベースのメッセージング、ビデオ通話など、通信のためのさまざまなオプション手法があります。これらのテクニックは、単純なスピーチの改善として、私たちがインターフェースする方法、私たちが仲間と引き込む方法、さらには話す方法に革命をもたらしました。 通信のためのこれらすべての新しい戦略にもかかわらず、それがカジュアルな嬉しいニュースであろうと本質的な取り決めであろうと、真の改善のための典型的なものは依然として電話の音声通話です。この通信技術は、急速に進歩しているインターネットサービスとは対照的に、多目的な歴史の中でエンジンの専門性の低い更新が見られたことを考えると、カスタムだけでこれほど長く生き残ったかどうかは決して明らかではありません。 Wi-Fi通話サービス Wi-Fi通話は、これらのトランスポーターが押し出し始めたWebベースの管理オプションの中でおそらく最も目立つものです。 Wi-Fi通話は、浅いレベルでは簡単です。Wi-Fiを使用するだけで、携帯電話の範囲が広がります。これはおそらく最高の利点であり、Wi-Fiがあればどこでも、はるかに安価なコストで音声ディスカッションを行うことができることを意味します。これは、音声通話の考えられる性質、およびこれらの管理を頻繁に使用する個人がすぐに観察できる管理に計り知れない影響を及ぼします。 Wi-Fi通話のもう1つの好ましい観点は、送信の習熟度です。スイッチはタワーとして機能するため、手順がより熟練します。再配置すると、これは、忙しい有線回線をどこで体験するかを知っているネットワークタワーに情報を到達させるのとは対照的に、通話処理の焦点へのよりまっすぐな直接経路を意味する可能性があります。 長所と短所 どちらの政権も関心のあるポイントと障害を提供していますが、インターネット電話に傾倒しているポジティブなものの気が遠くなるような尺度があります。通話の性質はさらに洗練される可能性があり、Wi-Fi通話で許可されている安価な料金または存在しない料金は、クライアントのウォレットに絶対に適しています。とはいえ、その間、部外者の申請や管理はこれらの組織に本当に負担をかけます。 電話番号は深く根付いており、それは確実です。これは非常に役立ち、この時点で有利に調整されます。若い人にとっては電話は関係ありませんが、年配の人のようにインターネットに精通していない人もいます。彼らにとっては、番号をダイヤルして話すだけで便利です。彼らにとって、インターネット電話は興味を引き起こしません。 紛れもなくデジタル化された世界では、インターネット電話サービスへの移行は予見可能であり、すべての携帯電話事業者は一般にそれらを危険とは見なしていませんでしたが、これらのアプリケーションが間違いなくステージに到達した今、そうなっています。これらの通信サービスは変更され、他のサービスは、モバイル音声通話の完全な独占ビジネスモデルであるベアラの領域に特に違反しています。 If you adored this post and you would like to receive additional facts regarding ヴェルニ…